Tシステムを使えば、低コストで健康リスクの回避ができる。

Tシステムを使えば、低コストで健康リスクの回避ができる。

@大手T社では、ガンのリスクを避けるため幹部は年3回の人間ドックを受けさせている。
外部機関にメンタルヘルス対策の委託を実施(5千円/人)している。
Aほとんどの中小企業は、まったく手つかず。
B監督署の指導が、健康診断だけではなく、受診後の2次健診者管理(健診で所見があった者に対する管理)まで指導書を切るようになった。※下図事例
C年1回の法定健診だけでは不十分。(40才未満は血液検査もない)
D健康診断や人間ドックと比べて、低コストで健康チェックができる。

 

Tシステムを使えば、低コストで健康リスクの回避ができる。


 
HOME テラヘルツ波とは? Tシステムの測定項目 Tシステムの詳細 ご利用料金 ご予約