Tシステムの原理と歴史

Tシステムの原理と歴史

Tシステムは、アルバート・エイブラムス(Dr.Albert Abrams・アメリカ・スタンフォード大学病理学教授・内科医・1863〜1924年)が、腹部打診法の研究で発見したERA1):Electronic Reaction of Abrams・エイブラムスの電子反応(=生体反応には、物質を媒体とした物理化学的な反応が起きる以前に、量子波動に基づく何らかの生理的な反応がある)を基本原理とする装置で、1995年、中村國衛医学博士(北里大学・分子生物学助教授・内科医/1939〜2010年)を中心とする技術者達の手によりTシステムの医療用原型モデルのQRS装置が完成している。※医師資格者のみ取り扱える、価格480万円
 QRS装置は、ERAでいわれる波動に基づく生体反応(生物的反応)を、検者のプローブ操作に伴う生体インピーダンスの変化として捉え、判定するとともに、病気や体の不調を非物性レベルから改善、調整する装置として、臨床応用の研究が進められている。
 エイブラムスが発見した、生体反応を利用して体を非物性レベルから診断、治療するとの考え方は、従来の科学や医学には無いものであり、そのあまりの先見性ゆえに、理解しがたい荒唐無稽な療法として、当時のFDA(アメリカ・食品衛生局)では否定されている。しかしながら、エイブラムスのERAの発見以来、約100年、彼の発見に注目する多くの医師の手により、その有効性は確認されてきている。
 国内においては、中村國衛医学博士によるQRS装置の開発をきっかけに、臨床応用の研究が進められ、約20年になる。QRSの臨床応用研究においては、QRSが、生体や物質の非物性レベルの動的秩序を対象としていることから、従来の物性レベルの検査や治療では対応できない、様々な医療分野での活用が期待されている。
 検査は、簡便、迅速、非侵襲に実施できることが特長で、臨床においては、約4,000項目ある同調コードを使って、全身の臓器、器官、組織等の機能評価や、ガン、ウイルス、アレルゲンによる体への影響の程度の判定、薬や治療法の適合性や副作用のチェック、食物やサプリメントの適合性の判定、不定愁訴、心身相関、未病診断などが行われている。
 また、治療においては、投薬や手術による治療だけでなく、体に負担のかからない非物性レベルからの働きかけによる治療法として、様々な手法が研究、実践されている。その適応領域は広く、あらゆる病気、あらゆる症状に有効とされ、臨床での多くの成果が報告されている。
 臨床応用での成果は、QRSに取り組む医師により、日本人間ドック学会・日本総合健診医学会・日本東方医学会・日本未病システム医学会・国際統合医学会・人体科学会・日本慢性疼痛学会等で発表されている。また、毎年開催される臨床研究会においても、数多くの症例が発表、報告されている。

Tシステムの原理と歴史

QRS装置、価格480万円

 

 

 

Tシステムの原理と歴史

Tシステムの原理と歴史

アルバート・エイブラムス


 1900年の初頭、アルバート・エイブラムス(Dr.Albert Abrams・アメリカ・スタンフォード大学病理学教授・内科医1863〜1924年)は腹部打診法の研究を進める中で、「特定の症状は、腹部の特定の箇所の打診音の変化として現れる」ことを発見、腹部打診法に基づく診断法を確立した。
  エイブラムスは、これらの発見をもとに研究を続け、

 

 

@ 病理学的標本【ガン組織の標本】を体に接触させるだけで、症状と同様の反応が腹部打診音の変化に現れる
A 寝たきりの患者と健康な助手を導線で結ぶと、健康な助手の腹部打診音で、寝たきりの患者の診断ができる。
B

結んだ導線の間に複数の可変抵抗器を接続すると、腹部打診音の変化に基づき、病気や症状に固有のダイヤル数値が特定できる。
ガン→50、淋病→52、梅毒→55

C 一滴の血液でも同様のことができる。
D これらの結果を踏まえて、複数の可変抵抗器を直列につないだ病気診断装置「バイオメーター」を開発した。さらに治療までできるようにしたものが「ラジオニクス」の原型となっている。

等、臨床上貴重な多くの発見をしている。

Tシステムの原理と歴史

診 察 風 景

 

 エイブラムスは、彼が「電子反応」と呼ぶこれら一連の発見から、
『病気にかかった組織の細胞から出る未知の波動が、健康な人体によって感受(受信)、記録され、それらの波動が健康な人体の組織の性質を変える。』
 『マラリアとか梅毒にかかった組織が放射する波の性格を変えることのできるような、無線放送にも似た波動放射器械を考案することができるのなら、キニーネとか水銀剤と同じように、効果的にそうした波動を相殺できるだろう。』
 『分子内逸脱(=Intra-molecule Aberration)と考えているもの(病原)を矯正し、こうしたことが起こることをも防いでくれるような力が存在する。』
『病気は細胞起源のものだとする昔ながらの理論は、時代遅れで廃棄されなければならない。細胞の分子組成が構造的変化を受け、特に電子の数と配置が変化をこうむるので、その特徴的影響が後になって顕微鏡で細胞の病気となって見えるようになるに過ぎない。』8)
 との考えを持つにいたり、病気を物質由来とする従来の医学に対して、物質以前の未知なる波動(※100年後の現在ではテラヘルツ波といわれる)を対象とした医学を提唱するようになる。
 エイブラムスは、腹部打診法の研究で発見した様々な現象を基礎に装置を制作、診断と治療に多くの成果を上げることに成功する。1916年、それらの成果を「診断と治療の新しい考え方」(=New Concepts Diagnosis and Treatment)として発表している。

 

 

Tシステムの原理と歴史

Tシステムの原理と歴史

Oリングテスト

 

 エイブラムスが発見した「生体反応には、物質を媒体とした物理化学的な反応が起きる以前に、未知の波動に基づく何らかの生理的な反応がある」と同様の現象は、様々な代替療法の中にも見ることができる。
  例えば診断法では、大村恵昭医学博士が開発された「バイ・ディジタルOリングテスト」9)がある。臓器の異常や、薬剤や食品の適・不適の判定を、被検者の指の筋力の変化で判定する診断法であるが、薬を飲む前に(=物質を媒体とした物理化学的な反応が起きる以前に)、指の筋力の変化で(=未知の波動に基づく何らかの生理的な反応で)判定するというように、判定に際して捉える生理的な反応が、指の筋力の変化か、腹部打診音の変化かの違いはあるものの、Oリングテストとエイブラムスの発見とは、その本質においては同様の現象を背景とした診断法であるといえる。
  治療においてもエイブラムスと同様に、物質以前の未知なる波動を対象とした医療として、中国医学やアーユルベーダをはじめ様々な伝統医療があるが、これらも、それぞれ生命観、身体観、病理観に違いがあり、治療法も個々に違いがあるとはいうものの、物質以前の未知なる波動(気や生命エネルギーの働きなど=非物性レベルの動的秩序)を対象としている点においては共通している。PRA療法の研究の中で、「気功治療」との比較検討が行われており、診断や治療の手法に多くの共通点があることが確認されている1

 

 

Tシステムの原理と歴史

 

Tシステムの原理と歴史

ルース・ベイマー・ドラウン

 

 エイブラムスによるERAの発見の後、その弟子のルース・ベイマー・ドラウン(Ruth Beymer Drown・アメリカカイロプラクター・1892〜1963年)らにより、これを原理とした装置(Homo-Vibra Ray Instrument=放射同調装置)が完成、この装置が現在のPRAの原型となっている。
 ドラウンの装置は、アメリカをはじめヨーロッパに普及、多くの医師に使用され、臨床で成果を上げるようになった。ドラウンの装置はイギリスで特許を取得したが、アメリカ国内では、ドラウンの装置には物理的な根拠が無いとの理由から、FDA(アメリカ食品医薬品局)はこれを否定している。しかしながら、その臨床成果に注目する多くの治療家達により、ドラウンの装置は様々な改良が加えられ、名前を変えてアメリカ西海岸を中心に普及した。
その後イギリスオックスフォード大のデ・ラ・ウェアがさらに改良を加え、1960年代にロンドン高等裁判所で「効果有り」と認められたため、現在のイギリスではラジオニクス装置で病気の診断・治療を行う施設が50ヶ所以上も存在する。  1980年代の後半には、装置の一つが、MRA(Magnetic Resonance Analyzer)として日本に紹介されている。 

 

Tシステムの原理と歴史

Homo-Vibra Ray Instrument(放射同調装置)

 

1995年:QRS装置完成

 

1990年代の始め、アメリカ西海岸から持ち帰った設計図をもとに、中村國衛医学博士(北里大学・分子生物学助教授・内科医/1939〜2010年)を中心とする技術者達により、現代医療の臨床現場での使用に耐えうる装置の完成を目指して、試作、研究が進められ、1995年、QRS装置(現、PRA−NKと改名)が完成した。

 

Tシステムは医療用で医師のみ扱えるQRS装置 を改善改良し、自己の健康のチェックのみに特化している。医師しか扱えなかったQRS装置を、Tシステムでは誰もが自身の健康チェックを出来るようにしたものである。

 

関連書籍

Tシステムの原理と歴史

『非物性医療』(著者)万井正章医学博士(出版社)みずほ出版新社

 

Tシステムの原理と歴史

『治す医者か、ごまかす医者か』 (著者)小澤博樹医師 (出版社)三五館

 

Tシステムの原理と歴史

『波動を知って100歳を得よう』(著者)スジャータめいらくグループ代表 日比 孝吉  (出版社)My book)

 

Tシステムの原理と歴史

 1.微弱エネルギ−解析装置の予防医学の応用について:中村元信、中里秀男、天願勇
   (第39回人間ドック学会、1998.8.27〜8.28、 栃木)
 2.生体微弱エネルギ−測定装置の測定原理について:中村元信、志水裕介、堀尾保次、小笠原耕
   (第40回人間ドック学会、1999.8.26〜8.27、 東京)
 3.生体微弱エネルギ−測定装置の予防医学の応用について:中村元信、志水裕介、細越山正子
   (第40回人間ドック学会、1999.8.26〜8.27、東京)
 4.生体共鳴測定装置(QRS)について:中村元信、志水裕介
   (第41回日本人間ドック学会、2000.8.27、福井)
 5.生体共鳴測定装置(QRS)の測定法及び検眼鏡所見とQRS測定との比較:志水裕介、中村元信
   (第18回日本東方医学会、2000.10.21〜10.22、東京)
 6.QRテストにおける免疫と痛みの評価:中村元信
   (第19回日本東方医学会、2001.11.24〜11.25、東京)
 7.QRテストにおける電気回路と認識回路について:堀尾保次、小笠原耕、中村元信
   (第19回日本東方医学会、2001.11.24〜11.25、東京)
 8.遠隔による量子共鳴QRテストの実際(第 1報):万井正章、中村元信
   (第19回日本東方医学会、2001.11.24〜11.25、東京)

 9.QRテストで胃潰瘍と判定し内視鏡で確認できた1症例:中村元信
   (第43回日本人間ドック学会、2002.8.29、長野)
10.遠隔による量子共鳴テスト(QRテスト)の実際(第2報):万井正章、中村元信
   (第20回日本東方医学会、2002.11.30〜12.1、東京)
11.足のしびれの原因をQRテストで特定できた1症例:中村元信
   (第20回日本東方医学会、2002.11.30〜12.1、東京)
12.QRテストで胃潰瘍と判定し内視鏡で確認できた1症例:中村元信
   (第20回日本東方医学会、2002.11.30〜12.1、東京)
13.アレルギーに対して情報水の効果が考えられた1症例:中村元信
   (第20回日本東方医学会、2002.11.30〜12.1、東京)
14.QRSによるマッチングテストの有効性を検討した一症例:志水裕介
   (第21回日本東方医学、2003.11.15〜11.16、東京)
15.生体共鳴テストによるセルフチェック:中村元信
   (第21回日本東方医学、2003.11.15〜11.16、東京)
16.小児の冷えを生体共鳴テストによって評価し、養生した結果全身状態が改善した3症例:万井正章
   (第21回日本東方医学、2003.11.15〜11.16、東京)

17.生体共鳴テストの再現性について:安達京、中村元信、万井正章、志水裕介、筒井眞人、坂井学
   (第21回日本東方医学、2003.11.15〜11.16、東京)
18.関節リウマチと生体共鳴テストの相関性について 特に痛みについて:岡本仁志
   (第21回日本東方医学、2003.11.15〜11.16、東京)
19.生体共鳴テストにより気を認知する:中村元信
   (第13回人体科学会、2003.12.13、京都)
20.一次予防を目指した診療:中村元信 
   (第10回日本未病システム学会、2004.1.10〜1.11、川崎)
21.生体共鳴テストの予防医療における有益性について:中村元信
    (第32回日本総合健診医学会、2004.1.30、31、東京)
22.未病医療と情報水:中村元信 
    (第5回国際統合医学会、2004.7.11、東京)
23.心拍変動スペクトル解析による自律神経呼応−生体共鳴療法(パンチショット)の効果判定
   :脇元幸一、中村元信、渡辺純 
   (第22回日本東方医学、2004.11.13、東京)
24.情報水飲用及び食養生による糖尿病患者の血糖動態を調べた一例:志水裕介

   (第22回日本東方医学、2004.11.13、東京)
25.未病に治すことの一考:中村元信 
    (第11回日本未病システム学会、2005.1.8、さいたま)
26.現代医学での癒しとは−検診と癒しについて:中村元信
   (第33回日本統合健診医学会、2005.1.28、大阪)
27.波動医学の実践報告:中村元信 
   (第4回JACT沖縄支部大会、2005.6.24、那覇)
28.生体共鳴テストによる薬との適合性の判定:中村元信
   (第9回日本代替・相補・伝統医療連合会議、2005.12.10、京都)
29.QRSで「気」を診る:中村元信 
   (第14回「気」の医学会、2006.2.26、東京)
30.QRSによる遠隔検診:中村元信 
   (第13回日本未病システム学会、2006.12.2、東京)
31.QRS(Quantum Resonance Spectrometer)による疼痛の治療と診断:中村元信
   (第36回日本慢性疼痛学会、2007.2.25、京都)
32.日常診療におけるQRS(Quantum Resonance Spectrometer)の活用法について:脇元幸一、中村元信

   (第36回日本慢性疼痛学会、2007.2.25、京都)
33.予防医療に取り組んで10年:中村元信
   (第15回未病システム学会、2008.11.2、東京)
34.遠隔診療の実際:中村元信
   (第15回未病システム学会、2008.11.2、東京)
35.褥瘡予防は寝たきり予防:中村元信
   (第11回褥瘡学会、2009.9.5、大阪)
36.精神状態をQRS装置で診断し治療に役立てた1症例:中村元信、戸出健彦
   (第16回未病システム学会、2009.11.1、大阪)
37.QRS処方水によるアトピー性皮膚炎患者の一治療例について:藤井崇知
   (第27回日本東方医学会、2010.2.14、東京)
38.波動テストによる未病診療の実際:中村元信
   (第17回未病システム学会総会、2010.11.14、那覇)
39.QRS処方水治療アトピー性皮膚炎患者のその後について:藤井崇知
   (第28回日本東方医学会、2011.2.20、東京)
40.福島第一原発の放射線被爆をQRS生体共鳴テストで判定した3症例:中村元信、戸出健彦

   (第18回日本未病システム学会学術総会、2011.11.19〜20、名古屋)
41.PRAテストが未病診断に役立った3症例:中村元信、中村恵子、戸出健彦
   (第19回日本未病システム学会学術総会、2012.10.27〜28、金沢)

 

 

Tシステムの原理と歴史

 1.実験動物の病態解析における微弱磁気エネルギー測定の意義:中村国衛
   (サトルエネルギー学会誌、2(2)、51-57、1997)
 2.量子医学的診断と西洋医学的診断との整合性について:趙蘭才
   (サトルエネルギー学会誌、2(2)、58-60、1997)
 3.予防医学と生体共鳴測定装置:堀尾保次、小笠原耕、中村元信、志水裕介
   (健康医学、15(2),43-46,2000)
 4.QRテストの認識回路と電気回路:堀尾保次、小笠原耕、中村元信
   (東方医学、17(4)、41-48、2001)
 5.O-リングテスト(Bi-Digital O-Ring Test)とQRテストの比較検討:堀尾保次、中村元信
   (東方医学、17(2)、35-44、2001)
 6.量子共鳴分析テストと検眼鏡所見との比較検討:志水裕介、中村元信
   (東方医学、16(4)、17(1)、39-44、2001)
 7.Quantum Resonance(QR)テストによる免疫と痛みの評価:中村元信
   (東方医学、17(4)、17-22、2001)
 8.遠隔による量子共鳴分析テスト(QRテスト)の実際:万井正章、中村元信
   (東方医学、17(3)、17-22、2001)

 9.肝機能障害を薬との適合性テストにより判定し早期に治療できた1症例:中村元信
   (東方医学、17(4)、25-32、2001)
10.悪性腫瘍の診断、治療におけるQRSの効果:中村国衛
   (日本量子医学研究会誌、1(1)37-41、2002)
11.糖尿病の治療におけるQRSを用いた量子医学的治療法:中村国衛
   (日本量子医学研究会誌、1(1)42-45、2002)
12.QRSにより解析された慢性疲労症候群の病因について:中村国衛
   (日本量子医学研究会誌、1(2)12-13、2002)
13.量子医学から眺めた難病Behcet(ベーチェット)病の主原因について:中村国衛
   (日本量子医学研究会誌、1(2)14-15、2002)
14.量子共鳴分析テストと血液検査の比較:中村元信、安達京
   (東方医学、18(2)11〜20、2002)
15.遠隔による量子共鳴テスト(QRテスト)の実際(第2報):万井正章、中村元信
   (東方医学、18(4)、69-74、2002)
16.アレルギーに対して情報水の効果が考えられた1症例:中村元信 
   (東方医学、18(4)、55-59、2002)

17.量子医学における脂肪肉腫治療の1症例からの考察:中村国衛  
   (日本量子医学研究会誌、2(2)27-30、2003)
18.足のしびれの原因をQRテストで特定できた1症例:中村元信 
   (東方医学、19(1)、51-56、2003)
19.波動医学の現状と今後の展望―座談会―:中村元信、他3名 
   (東方医学、19(2)、63-70、2003)
20.一次予防を目指した生体共鳴テスト法:中村元信 
   (日本未病システム学会誌、10(1)、103-105、2004)
21.生体共鳴療法の未病における役割:中村元信 
   (日本未病システム学会誌、11(1)、138-141、2005)
22.QRSによるマッチングテストの有効性を検討した1症例:志水裕介
   (東方医学、19(4)、20(1)73-76、2003、2004)
23.QRSを用いた生体共鳴療法における気の認知について−気功治療との比較検討−:
   中村元信、万井正章、堀尾保次、小笠原耕 (人体科学、14-(2):17-24、2005)
24.生体共鳴テストによる不定愁訴、高血圧の判定が有効であった1症例:中村元信
   (日本未病システム学会誌、12(1)、192-194、2006)

25.QRSを用いたQRテストによる高尿酸血症血清および非高尿酸血症血清の判別能について:
   塚本博泰、時田哲男、塚本和正、今宮俊一郎 
   (日米高齢者保健福祉学会誌、2、131-137、2007)
26.花粉症患者のレモンバーム配合プロポリスならびに情報水による予防効果と医療福祉における、
   これらの使用意義:八並一寿、中村元信、小野寺敏 
   (日本医療福祉学会誌、41-50、2007)
27.QRSによる疼痛の診断と治療:中村元信、脇元幸一 
   (慢性疼痛、26(1)、219-223、2007)
28.精神状態をQRS装置で診断し 治療に役立てた1症例:中村元信 戸出健彦
   (日本未病システム学会誌、15(2)、354-356、2009)
29.<検査からみた未病>波動テスト:中村元信 
   (臨床検査 医学書院、891-898、2010.8、Vol.54)

 

 

 

 

 

 


 
HOME テラヘルツ波とは? Tシステムの測定項目 Tシステムの詳細 ご利用料金 ご予約